Home > メンズアンダーウェア | メンズショーツ | メンズビキニ | メンズ下着 | 男性アンダーウェア | 男性ショーツ | 男性下着 | 男性用下着 > 男性たちよ、男性下着を変える時です。 その1

男性たちよ、男性下着を変える時です。 その1


男性たちよ、男性下着を変える時です。 その1男性下着.bizです。

 

日本人の男性は、男性下着を毎日、穿き変えているのでしょうか?

私は毎日洗濯したものを穿いていますし、それが常識だと思っていました。

風呂好きの日本人(私も風呂好きです。)だからなのかもしれませんが、

ほとんどの日本人男性が下着を毎日変えているのではないでしょうか。

(日本人の統計データを見たことがないので正確なことは分かりません。)

 

私の場合、風呂あがりに、風呂前に穿いていたものと同じ男性下着を穿くのは

何となく気持ち悪い感じがします。

しかし、欧米の男性はちょっと、というよりも、かなり様子が違うようです。

アメリカの男性下着専門店のサイトで、

ちょっと驚いた記事がありましたのでご紹介します。

 

 

次の質問に、正直に答えてみて下さい。

どのくらいの頻度で男性下着を変更していますか?

 

心配する必要はありません。これは、われわれ男性だけの問題です。

あなたの母親、妻、その他の大切な人に言うことはありません。

しかし、まだ大事な質問が一つあります。

もしあなたがBody Aware(アメリカの男性下着専門サイト)の顧客であれば、

あなたは流行にとても敏感で、

男性下着の最新のトレンドについても通じていることでしょう。

 

私たちは、身だしなみの習慣について、より注意を払っていきたいと考えています。

しかし、残念ながら、ある最近の研究で、男性と男性下着について、

いくつかの最悪な固定概念があるということが分かっています。

おそらくこの読者のあなたには当てはまらないかもしれませんが、

われわれ男性は全員、同類であると考えられています。

 

具体的に言うと、様々なファッション業界団体によって行われたいくつかの研究が

全て同じ結論に達しました。

男性は、十分な頻度で男性下着を変更せず、一般的には、

男性下着の中の衛生面にはほとんど関心を示していないのです。

 

イギリスのマーケットリサーチ会社であるMintelによる2012年の研究において、

毎日、男性下着を変更しない男性が22%いる

ことが分かっていて、そこには男性の中に

「明らかに怠惰のニオイ」

が存在しています。

 

この種のマーケットリサーチは、

小売業によってちょっと都合の良くできたものだと思われるかもしれませんが、

残念ながら、何度も何度も繰り返し行われてきた裏付けがあります。

 

2011年、Clorox(クロロックス、アメリカの洗剤メーカー)が行った研究によると、

8人中1人の男性が、男性下着を洗濯する前に2-3回同じ下着を着用する

ことが分かっています。そして、

そのうちの半数の男性が、まだ着用できるかどうかを決定するために

「においのテスト」を行っていることを認めているのです。

(勇気ある行為であることに、ちょっとポイントを与えるべき、ですよね?)

 

オーストラリアの下着ブランドであるBondsは、

32%の男性が、少なくても2日間は連続して、同じ男性下着を着用している

ことを示す研究を発表しました。

そして、2008年の消費者調査では、

9%の男性が、少なくても10年は経過した男性下着を所有している

ことが分かりました。

(節約のためということなのでしょうか?)

 

このかなり気分が悪くなる男性の行動は、

男性下着に関する投票結果を歪め(ゆがめ)てしまい、また、

他の男性に悪い評価を与えてしまうものですが、実は、

このような行動を説明するための多くの理にかなった学術的な

理由があります。

 

長くなりますので、続きは、

次回のブログ「男性たちよ、男子下着を変える時です。 その2

で書きたいと思います。

 

 

Home > メンズアンダーウェア | メンズショーツ | メンズビキニ | メンズ下着 | 男性アンダーウェア | 男性ショーツ | 男性下着 | 男性用下着 > 男性たちよ、男性下着を変える時です。 その1

カレンダー
« 2019 年 10月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ウルトラセクシーTバック
ウルトラセクシーTバック

日本初上陸のスペインブランド

CLEVERの新作メンズビキニ
Facebook(フェイスブック)

Return to page top